自分がどれくらい体臭を発しているのかは、脱いでみた服の臭いを嗅いでみれば一発でわかります。その服に洋服の臭いしかしなければ体臭はほとんどないということですし、そうではない臭いが混じっていたらそれは体臭があるということです。
脱いでみた服を改めて嗅ぐのはちょっと勇気のいることですが、体臭の度合いをはかるためにはそのくらいやらないとダメです。それが自分の体臭に対する現実を受け止めるということで、逃げていてはいけないことなのです。